永久に保有したい米国株

夢の配当金生活を目指して買ったら手放さない最初から持っておきたい米国の永久保有株3選

10年後も持ち続けたい配当王米国株厳選3銘柄
永久に保有したい米国株

人生100年時代を迎える中、年金を補う手段の1つとして高配当株への関心が高まっています。収入源として高配当株の活用を検討している日本人が増加しています。また、配当を再投資することで複利の力を得ることが出来ます。
日本では配当の支払いは年2回とする企業が大半ですが、米国では通常年4回で、支払い時期も企業ごとに異なります。
そこでこの記事では、米国の優良企業を代表するダウ工業株30種平均指数の構成銘柄の中でも、25年以上連続で増配している、配当王と呼ばれる銘柄の中からコカ・コーラ、プロクターアンドギャンブル、ジョンソン・エンド・ジョンソンの3銘柄を紹介します。

コカコーラ【KO】

永久保有株
コカ・コーラは、誰しもが一度は飲んだことがある清涼飲料水を製造販売する米国企業です。下記チャートを見ると分かる通り、ここ数十年右肩上がりで推移しています。

永久保有株


プロクター&ギャンブル【PG】

永久に保有したい米国株

P&G(プロクター&ギャンブル)は、米国の生活用品を手掛ける大手企業です。世界最大の一般消費財を提供しているため、景気に左右されることがない銘柄です。パンテーン等の日用品が有名です。

永久保有株


ジョンソン&ジョンソン【JNJ】

J&JJNJはアメリカ・ニュージャージー州ニューブランズウィックに本社を構えている製薬、医療機器その他のヘルスケア関連製品を取り扱う多国籍企業です。有名な商品はバンドエイド等があります。

永久保有株


10年後も持ち続けたい配当王米国株厳選3銘柄まとめ

これから投資を始める人や投資を始めたばかりの人にとって米国株の個別銘柄を選別するのは簡単ではありません。業績が悪化して株価が下落すると、配当利回りは上昇することになり、また高配当株の中にはリスクの高い銘柄もあることから、単純に配当利回りが高いというだけで投資するのは危険です。
高配当株を選ぶ際には、倒産の可能性が低い企業であることや、業績の安定を示す連続増配企業であることが目安となります。

優良配当銘柄は、副収入源を得られると同時に、今後の投資のための現金が積み増しできるのです。

今後数十年間の配当収入増とポートフォリオ成長のために、10年後も持ち続けたい配当王米国株厳選3銘柄を紹介しました。

永久に保有したい米国株